未分類

水漏れトラブルの原因

清掃蛇口や水栓からの水漏れのトラブルの主な原因について、チョロチョロ、ポタポタと水が少しずつ漏れる場合には、ナットやボルトの緩み、あるいはパッキン、バルブ等の内部パーツの劣化、破損が考えられます。一般的な星型のハンドルの蛇口、レバーやサーモスタットの混合水栓であっても、そのほとんどがパーツの緩み、劣化、破損が原因で水漏れを起こします。このトラブルはまだ初期段階ですので、すぐに修理すれば簡単に直ることが多いです。蛇口の付け根、壁面からの水漏れの場合は、蛇口設置部分のパーツの劣化、破損、あるいは、配管内部のつまり等が原因として考えられます。パーツが原因であれば、取替や修理で治せることが多いですが、内部の清掃も可能であればされると良いでしょう。

配管や配管の付け根から水漏れしている場合には、ナットの緩み、あるいはパッキン等の内部パーツの劣化、破損、フィルターやカートリッジの汚れが考えられます。蛇口等の種類によってフィルターやカートリッジの取り付け場所が異なります。分解をして確認する必要が出てきます。慣れている方や知識のある方はご自身でされても問題ありませんが、難しいと感じた場合には、すぐにプロの専門業者に任せることをお勧めします。