未分類

分解作業について

修理水漏れに対する対処方法としては、まず水漏れ箇所と症状を確認します。そして水を一旦止める為に、蛇口に繋がる止水栓を閉めます。蛇口や配管の修理を行う際、基本は分解をする必要がありますので、水を止めて作業の邪魔にならないようにします。また、ずっと水漏れを起こしていると、無駄使いにもなり、水道代にも影響します。蛇口や配管、水栓で水漏れトラブルが起きた際には、まず止水栓を止めることを覚えておきましょう。時々、止水栓の場所が分からないという方もいます。いざという時に慌てないように、それぞれの水回りの止水栓の場所を把握しておくと良いでしょう。とっさの場合には、水道の元栓を止めるという手段もあります。

蛇口や水栓の分解を行う際には、修理が必要な箇所だけを行うようにしましょう。別の箇所まで分解してしまうと、不用に他のトラブルを招く危険性がありますので注意してください。また、分解の際にはどのように分解したか、手順を覚えておくようにしましょう。修理の後、元通りに組み立てなければいけません。元通りにならない、あるいは間違って組み立ててしまい、新たなトラブルを引き起こすようなことがないよう、分解作業は気をつけて行う必要があります。