未分類

修理業者の選び方とは

いざ水漏れになった場合、早急に確実に直したいと考えるのであれば、水回り修理のプロに相談しましょう。最も早く、適切に対処してもらうことができます。新聞のチラシやマグネット、ネット検索から、沢山の専門業者を探すことが可能ですが、いざ利用するとなると、その修理業者選びは容易ではありません。利用歴がある場合はよいですが、初めての業者の場合、信用できるかどうか、溢れる情報の中から判断をすることが難しいこともあります。

業者そんな場合には、水漏れ修理を依頼する際、見積りや出張費について確認すると良いでしょう。沢山の業者がありますので、その料金設定は業者毎に異なり、来て現地調査を行い、見積りを出すだけで出張費がかかったりする可能性もあります。見積りを出し、依頼をするまで費用がかからない業者を選ぶようにしましょう。また、悪徳業者の場合には、最初に安く見積もっておいて、後に料金が追加され、結果的に高額な料金を請求されるというケースも少なくありません。水漏れは日常的に発生してしまうトラブルですので、いざ起こった際にどう対処するかがポイントです。最初に費用がかかるかどうか、発注後に追加料金は発生するかどうか等、契約前にきちんと確認をしておく必要があります。

未分類

分解作業について

修理水漏れに対する対処方法としては、まず水漏れ箇所と症状を確認します。そして水を一旦止める為に、蛇口に繋がる止水栓を閉めます。蛇口や配管の修理を行う際、基本は分解をする必要がありますので、水を止めて作業の邪魔にならないようにします。また、ずっと水漏れを起こしていると、無駄使いにもなり、水道代にも影響します。蛇口や配管、水栓で水漏れトラブルが起きた際には、まず止水栓を止めることを覚えておきましょう。時々、止水栓の場所が分からないという方もいます。いざという時に慌てないように、それぞれの水回りの止水栓の場所を把握しておくと良いでしょう。とっさの場合には、水道の元栓を止めるという手段もあります。

蛇口や水栓の分解を行う際には、修理が必要な箇所だけを行うようにしましょう。別の箇所まで分解してしまうと、不用に他のトラブルを招く危険性がありますので注意してください。また、分解の際にはどのように分解したか、手順を覚えておくようにしましょう。修理の後、元通りに組み立てなければいけません。元通りにならない、あるいは間違って組み立ててしまい、新たなトラブルを引き起こすようなことがないよう、分解作業は気をつけて行う必要があります。

未分類

水漏れトラブルの原因

清掃蛇口や水栓からの水漏れのトラブルの主な原因について、チョロチョロ、ポタポタと水が少しずつ漏れる場合には、ナットやボルトの緩み、あるいはパッキン、バルブ等の内部パーツの劣化、破損が考えられます。一般的な星型のハンドルの蛇口、レバーやサーモスタットの混合水栓であっても、そのほとんどがパーツの緩み、劣化、破損が原因で水漏れを起こします。このトラブルはまだ初期段階ですので、すぐに修理すれば簡単に直ることが多いです。蛇口の付け根、壁面からの水漏れの場合は、蛇口設置部分のパーツの劣化、破損、あるいは、配管内部のつまり等が原因として考えられます。パーツが原因であれば、取替や修理で治せることが多いですが、内部の清掃も可能であればされると良いでしょう。

配管や配管の付け根から水漏れしている場合には、ナットの緩み、あるいはパッキン等の内部パーツの劣化、破損、フィルターやカートリッジの汚れが考えられます。蛇口等の種類によってフィルターやカートリッジの取り付け場所が異なります。分解をして確認する必要が出てきます。慣れている方や知識のある方はご自身でされても問題ありませんが、難しいと感じた場合には、すぐにプロの専門業者に任せることをお勧めします。

未分類

水漏れトラブルの修理

ご家庭において、水漏れは日常的に発生するトラブルの一つです。水回りは生活に欠かせない場所であり、台所、お風呂、トイレ、洗面台、駐車場、庭等、蛇口や水栓、排水管は家庭内のどこにでもあります。毎日複数人が使う場所であり、いきなり水漏れを起こすことも多々あります。経年劣化や部品の劣化等、その原因も様々ですので、対応もそれぞれ異なります。特に多いケースが蛇口からの水漏れですが、蛇口を締めてもポタポタ水滴が落ちる、ハンドルやレバーからの水漏れ等があげられます。

蛇口突然の水漏れトラブル発生に慌ててしまいがちですが、そんな時も落ち着いて、どこから水漏れが発生しているのか、まず確認することが大切です。原因によっては、ご自身でも修理できる可能性もあります。水回りのトラブルは、日常生活に支障をきたすこともありますので、蛇口や排水管等、水漏れが起こった場合には、まず発生箇所と、原因を突き止めることが肝心です。

ホームセンター等で修理用の部品や蛇口を購入し、ご自身で修理も十分可能なケースもあります。ただし、自信がない、原因や発生箇所がはっきりしない場合等は、やみくもにパーツ交換を行っても無意味、あるいは時間が経過して悪化してしまう可能性もあります。自分で直せるかどうか、判断が難しいところではあります。ひどい水漏れや、原因不明、あるいは使用年数が10年以上という場合には、速やかに専門業者に相談することをお勧めします。